医療保険は必要?不要?

医療保険の必要性について結論から言えば、『貯蓄が無い人は必要。貯蓄がある人は不要。』と考えています。

医療保険に限らず、保険の基本的な役割は、『貯蓄でカバーすることが出来ない事態に備える』ことです。
日本の医療保険制度は非常に充実している為、ケガや病気の入院費用を貯蓄でカバーすることが出来ない事態に陥るケースは比較的少ないですが、逆に言えば貯蓄がない人には医療保険は必要ということです。

医療保険が不要となる貯蓄額の目安は生活費1年分(私の場合は200万円程度)と考えています。
200万円を確保することが出来ればケガ・病気での入院が長期化した場合でも1年程度の生活費は賄うことが出来ます。
200万円程度の貯蓄を確保出来ている場合には医療保険の必要性は乏しい為、新たな加入の必要はなく、また、既に加入している人は解約を検討しても良いと思います。

生活費1年分の貯蓄がない人は定期タイプで保険料の安い医療保険(医療保険ランキング参照)に加入し、一定期間の医療保障を確保しつつ、その間にコツコツと貯蓄することをお勧めします。
貯蓄が確保できれば解約を検討すれば良いです。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク